酒粕の栄養と効能

酒粕の通販RANKING

酒粕には多種多様な栄養素が豊富に含まれており、さまざまな効能を期待することができます。

酒粕TOP > 栄養と効能

酒粕に含まれる栄養素

酒粕は日本酒を造る際の副産物として生まれますが、三大栄養素をはじめとするさまざまな栄養を含んでいることから、近年健康食品にも多用されています。

日本食品標準成分表によると、酒粕に含まれる栄養素はたんぱく質や炭水化物、脂質のほか、ビタミンB1やB2、ナイアシン、葉酸、パントテン酸などのビタミンB群が豊富で、特にナイアシンは牛乳や卵の約20倍も含まれています。

また、食物繊維も100gあたり5.2gと多く、りんごの約4倍にも及んでいます。

そのほかにも、エネルギー生産に欠かせないアミノ酸や酵母などが含まれており、現代人に不足しがちな栄養素をバランス良く補うことが可能となっています。

酒粕の効能

酒粕には多種多様な栄養素が含まれているため、健康・美容の増進に役立ちます。

ここでは酒粕の主な効能を紹介します。

糖尿病予防

食物に含まれるでんぷん質はアミラーゼと呼ばれる消化酵素によってブドウ糖に変換し、さらにインスリンの作用によって脂肪細胞に取り込まれてエネルギー源となります。

しかし、何らかの要因でインスリンの作用が妨げられると、血糖は脂肪細胞に取り込まれずに尿中に排出されてしまい、十分なエネルギー源を確保できなくなってしまいます(糖尿病)。

酒粕にはインスリンに似たはたらきを行う物質が含まれており、インスリン機能の低下による糖尿病の発症を予防することができます。

ガン予防

人間の体内にはガン細胞と正常な細胞を区分し、ガン細胞だけを殺すナチュラルキラー細胞が存在しています。

酒粕にはナチュラルキラ-細胞のはたらきを活性させる物質が含まれており、抗ガン作用への効果が期待されています。

また、酒粕中に含まれるα-ハイドロオキシ酸にもガン細胞を抑制する作用があり、長期にわたる疫学調査では、日本酒を飲む人の方が大腸ガン・胃ガンにかかる危険性が少ないと報告されています。

高血圧予防

高血圧は生活習慣病の中でも特にリスクの高い疾患で、狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患や、脳溢血などの脳疾患を引きおこす原因となります。

酒粕には血圧を上げるアンジオテンシン変換酵素(ACE)のはたらきを阻害するペプチドが6種類も含まれており、血圧の上昇を防ぐことができます。

実際、マウスを使った実験では市販の血圧降下剤に匹敵する効果が確認されています。

肥満予防

太る原因はいくつかありますが、食べ物に含まれるデンプンやブドウ糖の分解スピードが早い人ほど脂肪が蓄積されやすく、太りやすいことが確認されています。

酒粕にはデンプンの分解スピードを緩めるはたらきがあり、肥満やメタボリックシンドロームの予防に役立ちます。

また、酒粕には脂質がほとんど含まれていないので、上手に食卓に採り入れれば総摂取カロリーを抑えることができます。

血栓予防

中性脂肪やコレステロール値が高くなると、血液がドロドロになり、動脈硬化が起こって脳梗塞などの重大疾患を引きおこす原因となります。

酒粕には血栓を溶かす酵素ウロキナーゼの合成を促進させる物質が含まれており、動脈硬化のリスクを軽減してくれます。

また、同じように血栓を溶かすはたらきをもつプラスミノーゲンも含まれていることから、生活習慣病予防への効果が注目されています。

美肌効果

紫外線を浴びると皮膚にメラニン色素が沈着し、シミ・そばかすができてしまいます。

酒粕にはメラニン色素を作り出す酵素チロシナーゼのはたらきを阻害する遊離リノール酸が大量に含まれており、強力な美白効果を実感することができます。

プロファイバープラス【大関】

毎日6粒でお腹スッキリ。今なら 初回限定の50%OFF!送料無料。
shop.ozeki.co.jp/

酒粕生まれのドラマティックリペア

白鶴酒造は260年を超える酒造りから生まれたコスメ。酒粕の美容効果
www.rice-beauty.com/dramaticrepair/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 酒粕の通販ランキング※効能とレシピが分かるサイト All Rights Reserved.